スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.06.09 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

誰も見てない乱れ打ち 3

数年前、庭に桑の木が勝手に生えてきた。

成長が早く、2年くらい経ったらもう実をつけるようになった。

初めの年は申し訳程度だったが、どんどん実付きがよくなってきている。

だが、その中にかなりの確率で、青白く肥大するものがある。

 

虫こぶかな、と思った。ある種の虫が産卵すると、その植物組織は正常に成長せず、

タンニンなどが以上分泌されて肥大したりちぢれたり変色したりする。虫の住処になるのだ。

その、虫でも植物でもない「虫こぶ」という有機物にゾクゾクするんだが、どうやら違うようだ。

春にキノコの胞子がついた桑の雌花が、青白く肥大するんだそうだ。

胞子がつかなかった雌花はふつうに赤黒く甘く熟し、食べても問題ない。

肥大した実は、木の下に落ちるとそこからキノコが生えて翌年また寄生するので、

もいで遠くに投げるといいらしい。

 

それでわたしは桑が熟し始めてから毎朝、キノコ桑をむしっては少し離れた草の中に投げていた。

木からぼろっと外れるくらいまでに肥大した青白い実はぶゆぶゆになっており、不用意に力を入れると

べちょっと潰れる。中は、正常な実を潰した時とはぜんぜん違う、果実感のない黒いどろどろ。

気持ちが悪い。これは地面に落ちると真っ黒い菌核というものになる。もうだいぶキノコ寄りなようだ。

 

気持ち悪いし、桑の実を楽しみにしている実からすれば目の敵なのだが、

この「クワ実菌核病」のことがやたらに気になっている。

虫こぶみたいだからだろうか。

 

なんか、曲とかに入れられないかなーとこねくりまわしているけどむずかしい。

 

植物と伝承みたいなものにだいぶ興味が向いている。

桑は、蚕の食草であるところからいろいろいろいろありそう。知りたい。

 

前は縁もゆかりもない言葉を使ってまったく自分ではない歌を、

やらされているアイドルというスタンスで歌いたいと思っていた気がするが、

今は、昔からあるまじないの言葉みたいのを井戸から汲み上げて、納得のいくかたちに練り上げて、

昔からあるまじないとは違うかたち、気に入るかたち、自分にとっての新しいまじないにしたい、

という気持ちがある気がする。それって、鼻歌かもしれないな。

 

つづく、かな。

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.06.09 Friday
  • -
  • 15:57
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM